若禿げ

若ハゲを笑いのネタにされるのが100%辛い

投稿日:

若禿げで何がつらいって、人にハゲをネタにされて笑われることです。

言っている人は軽い冗談のつもりなのかもしれませんが、心に大きなダメージを与えられるし、恨むし、お前も禿げればいいのにって願っちゃうし。

ちょっと気になっていたあの子も、一緒に笑っていたときの恥ずかしさと絶望感・・・。
その場から消え去りたくもなってしまいます。

何も気に障ることもしていないのに。
この前ご飯おごってやったじゃないか・・・なのに、何で笑いのネタにオレのハゲを使うんだ!?

嫌悪感を与える人は友達でも無いし、恨んでしまう自分も嫌だし。
自分が若禿げじゃなければ、こんな笑いのネタにされることもなかったし。

若ハゲは確実に目立ちますし、見られています。

生え際なら、会話の目線がみんなちょっと上なのに気が付いたときショックを受けます。
頭頂部なら、人前でしゃがんだり、椅子に座りたくないから電車ではずっと立っていることになります。
電車で座っていたときに前に立っていた3人が、自分の頭頂部をガン見していることに気が付いたときとか無言の暴力です。

若ハゲは治せる!
ボウズしか髪型ないの?と思わなくて済む、対策と治療法をチェック!

若禿げの原因は、頭皮環境なのかAGAなのか・・・どっち?

若ハゲを何とかしたい!って思っても、なぜ毛が抜けたのか?細くなったのか?これを知らないと、何をしたらいいかわからなくなります。
抜け毛には、頭皮環境による抜け毛とホルモンの関係で抜けてしまう場合があります。

頭皮環境による抜け毛は、毛穴汚れ・紫外線のダメージ・カラーリングやパーマ液やスタイリング剤の影響・脂漏性湿疹・アトピー・頭皮の乾燥・帽子やヘルメットなどの摩擦が上げられます。

ハゲ=ボウズはジャスティスなのか!?

薄くなったのに髪が長いとみっともない。
ハゲてても、ブルースウィリスのようにカッコイイ人いるじゃん。
ボウズは正義、ジャスティス!

ハゲ=ボウズだと、紫外線のダメージから頭皮をあまり守れません。
紫外線のダメージで、これからもっと禿げてしまうということが充分ありえます。

でも、ハゲが笑われる原因に髪の毛のギャップがあるので、髪の毛があるのにココだけ無いから面白く思われる可能性も。

だから髪の毛は長いよりも短い方が、パッと見で目立たないからジャスティスです!

帽子被ればオシャレでいいじゃんという罠

帽子を被れば、紫外線の影響を受けずに頭皮を酸化させません。
オシャレだし、ボウズなら似合う帽子多いし。

しかし、帽子の弱点は摩擦にあります。
帽子を被る、帽子を取る。
この付け外しが、帽子と髪の間に摩擦が生じて、細く弱った髪の毛は抜けやすくなります。

また、帽子をかぶると痒くなる場合は接触アレルギーや雑菌の感染症も疑わないとなりません。
帽子の材質によっては、肌と会わない場合もあり、密着する帽子ほど接触アレルギーを起こす可能性があります。
汗もかきやすくなるので、帽子の中は雑菌も増えます。

もちろん、髪の毛が帽子でそんなに抜けないし、別に痒くならないし、そんなに蒸れないし、清潔に使っているというのなら充分アリですし、逆に帽子を使った方がいいです。

髪が長い場合は、帽子をかぶったり取ったりするときの摩擦に注意ですね。

ハゲを笑いのネタにした自虐は不発になりやすい

誰かに自分の若ハゲをネタにされるくらいなら、自分でネタにして笑いを取りたいと思うこともあるでしょうが、大抵不発に終わります。

不発になる原因としては、周りがシャレにならないと思うからです。
それ自分で言っちゃう?みたいな。

もちろん場の雰囲気や、あなたの人柄もあるでしょう。
ドッと笑いが起きるかもしれません。

でも、大抵はコンプレックスを自他共に認めているわけですから、お互い身構えてしまうわけです。
一気に場をシーンとさせてしまう威力があります。

最初は自分を禿げだってことを軽くアピール。
ひょうきん者という位置付けで、持ちネタは禿げ自虐という認識に周りがなれば人にハゲネタを奪われないで済むかもしれません。

でも若ハゲはやっぱりイヤだし辛い

人に若ハゲを笑いにされるのはとても辛いです。
自分で持ちネタにしても、ふと自分はいったい何を言っているんだろう?と思うことでしょう。

そんな辛い思いをする原因の若ハゲ、これが無ければ一番いいと思いませんか?
若ハゲは実はおじさんの禿げよりも治りやすいのです。

育毛シャンプーで若禿げを何とかしようと思う方がいるのですが、頭皮環境が原因ではなくAGAが原因だとしたら抜け毛は治まらないし、禿げます。
AGAだけで考えると、男性ホルモンの影響なのでシャンプーを替えても意味がありません。

育毛剤は浸透力も関係してくるので、実感するまでに時間がかかったり、成分を浸透しにくい頭皮で表面が被れてしまうことも。
育毛剤を使ったら、余計に抜けたという原因は成分を浸透させる力が無い頭皮が多いです。

若禿げは実は治りやすいから治療は早い方がいい

若禿げは、育毛剤よりもAGAクリニックの方が短期間で見た目が変わるからオススメです。
プロペシアで抜け毛抑えられるし、メソセラピー使えは短期間に発毛もします。
毛根さえあれば生えます。

おじちゃんになっちゃうと、加齢による抜け毛があるから、若い今のうちに治療しちゃった方が早いです。
年を取ってから治療するよりも、若いうちから治療すれば治りやすいと名医揃いのヘアメディカル公式サイトにも書いてあります。

未成年者の場合、AGAクリニックでの治療は親や保護者の同伴か、同意書が必要になります。

-若禿げ
-, , ,

Copyright© 失敗した!AGAクリニック間違った3つの選び方|薄毛治療最前線-禿げたくない人の賢い選択- , 2019 All Rights Reserved.